小篠塚城址

正慧寺は小篠塚城址の敷地内にあります。この小篠塚城址には、室町時代に存在した小篠塚城跡になります。鹿島川右岸の台地上にあり、台地先端部の西側に城の中心部となる一番広い平坦地があります。ほぼ全周されている土塁や本丸、二の丸、見台、空堀などが現在でも残っています。佐倉市埋蔵文化財に指定され、平成19年には、一部が発掘調査されています。そこでは、古墳時代の住居跡が発掘されました。最近までは管理が行き届いておらず、竹林や雑木に覆われていましたが、現在は遊歩道や駐車場などが整備され、小篠塚城址園として城跡などを散策することができます。

小篠塚城址の歴史

小篠塚周辺は鎌倉時代に千葉氏により開拓されました。そして、鎌倉時代後期~室町時代初期に小篠塚城が築城されたと考えられています。

室町時代になると、室町幕府や関東菅領と対立してしまいます。そして1471(文明3)年に茨城県古河市に城を構えていた足利氏(武家の一つの軍事貴族)古河公方の御所、古河城が落城し、当時の初代古河公方(しげ)(うじ)は仲の良かった現在の千葉県を統括していた千葉氏を頼りました。その結果、(しげ)(うじ)は小篠塚城に動座(居を移すこと)します。

なぜわざわざ遠く離れた古河から千葉へ移ったのでしょうか。当時下野(しもづけ)(栃木県)()(たち)(茨城県)武蔵(むさし)(こく)(埼玉県)下総(しもうさ)(こく)(千葉県)は香取内海という大きな内海(うちうみ)(陸地と陸地との間に挟まれ、狭い海峡によって外洋と繋がっている海域)でつながっていました。そして、千葉県の多くの主要な城は内海の淵に建てられています。これは、陸路よりも内海(うちうみ)を渡ったほうが移動が早く楽に各地を行き来すること、他地域からの侵入は敵の侵入を防ぐことができたことがあげられます。小篠塚城も同様に香取の内海に隣した場所にあり、さらに千葉と本佐倉を結ぶ陸路(現在の国道51号線)にも通じており、陸海交通の要所でした。武力の衝突があった際に援軍を得やすい場所であったことなどから小篠塚城に腰を下ろしたと考えられています。

その後、(しげ)(うじ)は古河城に再び帰還します。1497(明応6)年に成氏が亡くなると、嫡子である足利政氏が2代目古河公方となります。そして、1502(文明11)になると、千葉氏の中でも内紛が続き古河公方と対立するようになったため、千葉氏討伐のため政氏とその息子高基が小篠塚城に動座します。

 

文献には1504(永正元)年まで記録が残っていますが、推定1550(天文19)年あたりまでは動座城として利用されたと考えられています。